Tuesday, January 12, 2016

今夜は中華〜アメリカの中華事情

アメリカの映画やドラマの中でお馴染みの中華のテイクアウト。今夜はマリリンをお風呂に入れたから夕食は私たちへのご褒美という面目で、実はチャドが食べたくて仕方なかったらしい。

今晩だけでなく明日の夜も中華決定。スープ以外は全て小さいサイズなのだけど溢れんばかりにギュウギュウに詰まっているから2人でドカ食いしても二食分は余裕でまかなえます。日本人ならたぶん6人で分けてデザートも食べられてちょうどいいくらいかな。全部で20ドルちょいってところ。

今回注文したのは、

  • ハウス(日本的に言うと、特製)ローメイン
  • クラブラングーン — カニクリームコロッケの中身をワンタンの皮に包んで揚げたものって感じ
  • とき卵スープ — 卵にしては不自然な黄色が気になるところ。
  • エビと野菜の炒め煮
  • チキンとパイナップルの甘酢あん
  • 牛肉と中国野菜の炒め煮 — 中国野菜とメニューには書いてあるもののどれが中国野菜なんだろう?

白ご飯はおまけ。中国米なので独特の匂いがする。

右下のソースはダックソース(duck sauce)って言うんだけど、鴨もアヒルも入ってないです。中国語では酸梅醤と書くらしいので、梅が入ってるのかもしれないけど、杏子が入ってるとか、プラムが入ってるとかイマイチ材料のはっきりしない謎のソース。果物らしい酸味のある甘さが特徴で、私の感覚ではゆるい杏子ジャムって感じかなぁ。揚げ物につけて食べるらしいんけど、アメリカ人向けの(店内にアジア系のお客を見ることのないという意味で)中華のレストランに行くと、料理を頼んだすぐ後に拳サイズのパンと一緒に供されるんだけど、パンにつけて食べたいって感じの味でもないんだよね。その出されるパンも見るからにパサパサしてまずそうだし。

中華は特にテイクアウト専門のお店が多いみたい。さすがにアメリカ人の調理する中華料理屋はまだお目にかかったことはないけど、基本的にアメリカ人ウケするようアレンジされてるから中華でも当たりはずれある…もとい、ハズレがほとんど。テイクアウトのお店に関わらず中華街の中華屋さんも例外ではありません。日本と違い、中華街にあるからといって本格的な中華が食べられるわけではないので要注意。

まず必要以上に油っこいのはどこでも免れないみたい。メニューは基本的に炒め物か揚げ物。日本では定番の八宝菜、エビチリや麻婆豆腐はまずないなぁ。四川料理のお店で麻婆豆腐見かけることはるけど。アメリカ料理よりいろいろな野菜や肉、魚が入って一見栄養のバランスよさそうに見えるけど、缶詰や冷凍ものがたくさん使われてて体に悪そう。

我が家の近所にも中華のテイクアウトはあるのだけど、いつもお世話になるのは隣町の以前住んでいたところの近所の広東料理屋さん。当時辺りの中華屋さんをいろいろ試してここが近所で一番美味しいと判定。それ以降中華のテイクアウトといえばいつもココ。夫婦ふたりで切り盛りしていて、旦那さんが厨房を、奥さんがカウンターを担当。注文ができるまで奥さんとお互いの両親の近況なんかをおしゃべりします。

お腹がいっぱいになったら、フォーチュンクッキーの時間。クッキーの中のおみくじをチェック。クッキーっていうより味噌抜き味噌煎餅って感じ。美味しくないから私はいつもおみくじだけ見ます。

中華にフォーチュンクッキーは欠かせないけれど、実はサンフランシスコの日本人によって作られたのが始まりだそう。その後ロスの中国人が自分の発明だ(発明っていうのも大げさ)と名乗りを上げ、どちらが元祖か法廷で争うことになったそうな。情けないっていうか、平和なのかねぇ。

日本のおみくじみたいに大吉、中吉とかっていうのではなく、書かれているのは何かちょっといい気分にしてくれるようなこととか人生の教訓みたいなもの。「おみくじ見たときにみんなにハッピーになってほしいから。」とフォーチュンクッキーの製造元の社長さんがテレビで言ってました。

今回のはカンフーパンダバージョン。おみくじの内容もその色を受けてるみたい。「ポー曰く、君のすばらしさの伝説はこのクッキーを食べた後も末長く世に響きわたることだろう。」だって、何のこっちゃ?

裏側は大抵「一言中国語講座」とラッキーナンバーが載ってるのだけど、これはフォーチュンクッキーを作っている会社の宣伝とラッキーナンバー。つまんないの。一言中国語講座は発音まで説明されてて結構面白いのにぃ。

…などとつまらないことをいろいろ思いながら、「またもや食べ過ぎた」と反省の夜が更けていきます。

お風呂嫌いのマリリンは心身ともに疲れ果て爆睡中。

Thursday, January 7, 2016

Slow Start 2016

In the world, people have got back to work. I'm still enjoying my time-off with Marilyn. Waking up after the Sun is up, and enjoying coffee on the couch wrapped up in the blankets listening to Jazz... There is no "Go! Go! Go!" Who cares the train schedule?

At the beginning of December, I found out I had one week of use-or-lose time. I decided to take the time-off around the New Year's Day instead of around Christmas and celebrate the new year in my culture way according to our oldest history book written in the early eighth century.


The First Three Days of the New Year

In Japanese culture, the first three days of a new year are designed to be slow days. We prepare meals for these days in advance by the New Year Eve. We eat the prepared dishes, drink and relax at home with our family.

That means not to disturb the God of the Stove, where actual cooking occurs, and give a quiet time to the God of the Year during their stay. The God of the Stove actually stays on the stove. It is important not to use fire on the stove to let him stay. He brings great harvest and good health for the year at the visit. His leaving by any disturbance means he takes everything good he brought with him.

In fact, most part of the new year's feast is enjoyable without reheating them, and preserved well without refrigeration for this purpose. Nowadays, we refrigerate it because of the heating system of our houses. I'm pretty sure this wasn't necessary until about 100 years ago.

At more traditional families, the women in the families get a break. Their men take over preparing meals and dishes during the three days.

Based on our mythology, the God of the New Year visits every home with fortune and prosperity at the sunrise of the New Year's Day. It seems that the God of the Stove also visits at the same time. It doesn't sound like they come together.

The New Year feast is an offering to the Gods. Each dish has a wish for the new year such as good health, wealth, great harvest, a big family, long life (especially for old people), prosperity, and so on. We have them a little bit of each wishing a great year after the Gods enjoy them.

My Version... Off the Tradition by Limitation

I was inspired by my friend who are into flower arrangement. Not knowing anything about it, I just tried. There are some rules for the selection of flowers, but here in the US, I cannot do much about it. Anyway, besides my skill, it is always nice to have flowers in everyday life.

Of course, the Christmas decoration is still there. We get to enjoy that as well.

I spent the New Year's Day munching goodies and relaxed. Here is Marilyn's New Year's Day... not so much different from her usual weekends. This is her new thing these days — getting outside air without completely being outside. Our heating bill is going rocket high.

After her 16th birthday, she's lost more mobilities as her hind legs and hip lost more muscle. She is still a happy girl though.

I received one order from my Etsy shop. What a great start of the year for the shop! It's also time to donate the profit from the last year to a charity. I'm thinking to which one to donate.

On the second day, Marilyn and I dropped off some treats at the local humane society. A meet and greet was going on between a cute hound and his two potential future siblings. Fingers and paws are crossed for the pup.

Marilyn, as a former shelter dog, wishes all animals who need forever home will get sweet one soon. She know they have lots of love to give just like she does.

The third day was spent to maintain the Etsy shop. This was perfect for the miserable cold day. My assistant with a tail supervised me. I have to admit I don't spend much time with it. People however check my stuff and sometimes add to their favorites. That is very thankful. A new pillow cover section has been added. Hopefully I have more time for production for new items this year.


After the third...

In Japan, people go back to work on the 4th. My slow day still continues...

Another freezing cold day, I went to see my riding partners with carrots.

These pictures were taken in summer. I tried to take new pictures, but its battery died. They now have long winter coat and blankets in the barn. They are good taken care of. I cannot wait to ride them in a warmer weather.

Marilyn needed a little attention. She often gets stuck at the edge of her beds lately, and cannot get herself out. Then, she cries for help. That is the weakest and saddest whine I've ever heard. I made the bumpers for her from the leftover foam for her cart.

This is her cart. She doesn't enough strength to go for a walk anymore, but loves to go out. Somebody in the Facebook group I belong got one for his old dog and shared the information with the members. He put a dog bed and blankets to make his pooch comfortable in it.

In my neighborhood, I thought she needs a little more. Youssef told me about the site who sell custom cut foam for my project to restore the bench in the living room. I ordered a 4" thick firm foam from them. Their pricing is reasonable and the delivery was quick, too. One thing I didn't was measuring the inside of the cart. I got the dimension from the product description of the cart. Apparently that measurement was not correct, and I had to trim off the excess. The excess turned into the two bumpers. Everything happens for reasons, right? Now her cart is ready for action, and she doesn't get stuck at the edge of her beds. Marilyn can go visit her friends. She got double wins!

Sometimes, it is nice to spend time without planning anything and do things spontaneously. That's how my slow days have been going.

Tuesday, January 5, 2016

2016 おいしいスタート

2016年はうっすら雪化粧したニューイングランドに穏やかにやってきました。この冬はいつもよりずっと暖冬で元旦までは気温も日中は寒くても10度くらいまで上がりダウンのコートに袖を通すこともないほど。そのため年末に降った雪もいわゆるべた雪。水分を多く含むため凍りやすく、地面も滑りやすいので危険です。この時期肌を刺す冷たい空気が当たり前のこの地方ではちょっと拍子抜け。

…というのもつかの間、冬の寒気が流れ込みしっかり寒くなりました。今朝は零下10度以下。お昼を過ぎてやっと零度近くまで気温が上がってきました。雪の残っているところはしっかり凍っているから危険。寒すぎて小鳥たちやリスもほとんど顔を出しません。

12月の初めに年明けまでに使わなければ失くなってしまう有給が1週間ほどあることが分かったのでお正月を挟んでお休みを取ることにしました。こちらは元旦は祭日だけど、2日からは通常通り。29日に仕事納め、お正月の準備に。お正月にまつわる習慣をいろいろ調べてみると「なるほど〜。」と感心することがたくさん。12月の12日から大掃除を始めることや29日、31日にお飾りを飾ったりやカレンダーを取り替えたりしない(苦を持ち越さないことや一日飾り)ことなど、新しい年に良いスタートをと願う迷信深い日本人ならではの心遣いにありがたく思うことしばしば。


ちょっとお花に挑戦

フラワーアレンジメントに熱心な友人に感化され、小さなお正月のお花をと思いついたのだけど花材を探すのに一苦労。近所の森に松とかベリーとか探しに行くつもりが雪のおかげで不可能。近くに森とかあるの?ってギョッとするかもしれないけど、この辺り州立公園が点在していて近所の公園内の遊歩道やハイキングコースとかに行くとしっかり森の散策が楽しめるのです。

日本みたいにお花屋さんがあまりないのに加えて品揃えも大したことないから、スーパーで出来合いのブーケ、しかもクリスマスの売れ残り(不満!)で妥協することになりました。残り物とはいえ、松が手に入ったのにはちょっと満足。

ダイニングテーブル用にいけてみたのだけど、後ろから見るととても間抜けだったのでサイドボードにお引越し。菊が見るからに疲れてる様子が悲しい。花器になりそうな器が見つからなかったので帰国した時にナチュラルキッチンで購入した竹の籠に剣山を入れて代用。季節感が無視されてる…。

松とベリーは思いのほか枝が固く剣山と格闘することに。友人曰くコツがあるらしく今度教えてくれるそうです。

正月三日目には菊に限界に達したので、出来合いブーケについてきた百合と差し替え。

紅梅や紅椿などはお花屋さんではまず手に入らないので、色味の似ているラナンキュラスを。トイレにだってお正月は来るものね。

この組み合わせはまさにクリスマスなのだけど、ユークリプスのこの葡萄のような実が好きでついつい買ってしまった。

クリスマスだと大きなセンターピースが当たり前なのだけど、この遠慮がちなサイズが和の粋をついたようでお気に入り。ちなみに籠は4年前に嵯峨野で見つけたもの。小さな鞠は金沢で。お正月にふさわしい優しい香り付きです。

花がたくさんの生活は潤いがあっていい感じ。春が待ち遠しくなります。


いつもながらのナンチャッテおせち

伊達巻のレシピを見つけて挑戦してみるつもりだったのにはんぺんが品切れ、ショック。いくらアメリカとはいえ30日におせちの買い物に行くのはさすがに遅すぎるらしい。張り切って買った伊達巻用のスダレが…悲しい。

黒豆、チェック!なんでもこのくらい簡単だったらいいのにぃ。…なんて、毎年実家の両親に感謝感謝の黒豆と数の子。

今年も、というと嘘くさい。今年こそはまめまめしく働くぞ〜!

これまた去年のお正月に友人から感化された野菜の飾り切りに挑戦することに。前年悪戦苦闘した梅のねじり切りには楽をする方法を帰国した際に発見。これなら毎回完璧な梅の花ができるぞ〜!梅の花以外にも色々片抜くことができることにちょっとワクワク。

それはともかくなんで前回はお粗末な出来だったのかと考えてみたところ、野菜のサイズに原因があったような気がして比べてみました。

以前からアメリカのニンジンって日本のよりずっと小さいのは気づいていたのだけど、今回韓国のスーパーで日本サイズのニンジンを見つけたのでお隣どうしに並べてみました。自分の包丁の腕はさておき、梅の形に切るのが難しかったのにちょっと納得。

でもこちらで手に入るゴボウって1メートル以上のビッグサイズ。お味の方はあまり変わらないみたい。しっかり食物繊維です。この香りは豚汁に欠かせない…。

毎度ながらインターネットは便利なものでYouTubeで見つけた藤田貴子さん流 お煮しめに使う野菜の飾り切り8種で勉強させてもらいました。包丁使いにあまり自信のない人にも簡単にできるコツなんかも教えてくれています。和服でお料理なんていいなぁなんて本題から関心がそれつつも、おかげで今回はちょっとマシな仕上がりに。

膾に少し柑橘系の風味が欲しいものの、柚子は手に入らないので代わりに瓶詰めの100パーセント柚子の酢を見つけたのだけど、香りがどうも人口っぽくていただけない。そこで思いついたのが金沢の甘納豆屋さんで見つけた柚子の皮の甘露煮。驚くほどに柚子の優しい香りが残っているので膾の上にトッピングしてみました。紅白に柚子の皮の黄色がおめでたさを引き立てるようです。しかも程よく風味を加えてくれるので文句なし。

そんなこんなで出来上がった今年のおせち。いつもの半月盆の代わりに山中塗の菊皿に盛って、今回は金沢尽くし。おせちを食べるたびに日本人でよかったとしみじみ思ったりします。

菊皿はお菓子を盛るくらいの方がちょうど良さそう。これまたナンチャッテ初釜に活躍しそうです。

ごまめ作りに挑戦してみました。レシピの言うとおり、意外に簡単にできるのに驚きです。

今回のお雑煮もまたもや白菜で。ベトナムのスーパーに行けば春菊が手に入ったのかなぁ。こんなに暖冬だとわかってたら水菜を植えたのに。などなどいろんなことに思いを巡らすのですが、三が日に毎朝いただくお雑煮はなんとも幸せ気分にしてくれます。お餅はもちろん、日本から持って帰ってきたひよくもち。個別包装なんて便利なことをしてくれているので大助かり。

スーパーで小豆を見つけたのでおしるこを作ろことに。お餅三昧!

こしあんにするのに結構手間がかかるので残りは善哉に。…全然まめまめしくない。もっと黒豆食べなくちゃ。


マリリンのお正月


驚くほどのこともなく寝正月。

外に出るのは寒すぎて嫌らしく、入り口のドアを開けたまま陣取り、毛布にくるまって気の向くまま外の様子を伺い、それに飽きたらお昼寝。…普段と全く変わりないんですけどぉ。


お正月のシメ

新年の抱負にダイエットを掲げるのは不幸のもと!

まずおせちを抜いてのダイエットは縁起が良くない。新年の厄払いにならないんじゃないの?この先一年の幸せもダイエットされてしまいそう。

美味しいものいっぱいあるのにお正月からそれを諦めるなんて、新年のスタートによくないよ。この先一年ずっと美味しいものに恵まれず不幸なままのような気がする。少なくとも七草粥までダイエットは差し置きです。

今年も美味しいものいっぱいの幸せな一年になりますように!…ダイエットはまず起こりそうにない、ため息…。