Monday, December 29, 2014

ホッと一息、そして…。

今月初めの週末に恒例のホリデイクッキーオープンハウスを開き、翌週末遠方へのプレゼントを全部発送しクリスマスカードも投函し終えて、先々週末にプレゼントのラッピングを済ませ、土曜日に最後のクリスマスパーティーに行ってようやく今年のクリスマスに終止符。疾風のごとく過ぎていったここ数週間。気づいたらあと数日で新年。師走とはよく言ったもの。

今年は家族のクリスマスパーティーをイブではなく土曜日にすることにしたので、イブとクリスマスは近所のお家にお邪魔し(しかもはしご)お茶してたくさんおしゃべりしながらのんびり。毎年こんなんだといいのになぁ。家族のクリスマスパーティーは日本に比べればずっとカジュアルだけど日本のお正月やお盆の家族の集まりと同じなのです、…とここまで言えば十分だよね。

今年のクリスマスの配り物は洋梨のジャム。物珍しさが手伝ってなかなか好評。

新年のデコレーションのないアメリカではクリスマス(クリスチャンならね)のデコレーションは年が明けても一週間ほどこのまま。慌ただしい時期を終えてようやくのんびりとクリスマスの余韻に浸ります。

ちなみにイスラム教徒の同僚の家庭ではどんなに子供達がせがんでもクリスマスは一切しないそう、学校で話題についていけない子供達がちょっとかわいそう。一方、ヒンズー教徒のインド人の友達はクリスマスとは何の関わりもないけど、基本的にワイワイ騒ぐのが好きな人たちなので便乗してパーティー開いてプレゼント交換するのだそう。一般的にアメリカに住むインド人はそんな感じらしい。

今年はちょっとだけ外にクリスマスの電飾をつけてみました。夜空から舞い降りる雪や冬の寒空に瞬く星を思わせる小さな青白い光がなかなかお気に入り。ソーラー電池で夕方暗くなるとセンサーが反応し点灯する賢いライト。夕方仕事から帰ってきてこの明かりを見るのが楽しみ。

ステンシルのパターンを使ってタイルに絵付けしてみました。本当は丸皿が欲しかったのだけど、丁度良い大きさのものがなくてタイルで妥協。一見、鍋敷きみたい。

マリリンもサンタさんを迎えるのにクリスマスのデコレーションをしてみました。本人はクリスマスツリーがないと不満気味。来年はミニツリーを右側に飾るかなぁ。

「あのー、ソリを引くには年をとりすぎてるんですけどぉ。
プレゼント、デリバリーしてもらっていいですか?冬は関節症が辛くって…。」

今年もクッキーを大量生産。毎年どんなにたくさん作ってもクリスマス前後には全部なくなってしまうから不思議。今年はチャドの会社のオーナーからリクエストをいただきました。

ハロウィーンの少し前にオーブンが故障したので新しいオーブンを買ったのはいいものの、温度の具合がイマイチ把握できないうちにクリスマスクッキーの時期になったのがちょっと残念。

オーブンの温度って温度表示の通りだと思うでしょ?日本だとそれが当たり前なのだけど、何せアメリカ。メーカーやモデルによって表示の温度より高かったり低かったりするからちゃんと自分のオーブンの癖を知ることが大事なのです。我が家のは表示の温度より少し低め。メレンゲクッキーやマカロンは完璧に焼き上がるのだけど、普通のクッキーはもう少し熱が通った方がおいしく仕上がるのでちょっと調整が必要みたい。

そんな小さな不満はあるものの、ダブルオーブンだと時間差を利用しながら待たずにクッキーが焼けるからいつもより短時間で作業終了し大満足。クッキーって焼く時間が短いからオーブンのペースについていくのに四苦八苦。オーブンたちもご苦労様。

12月は家に帰ってくると入り口にこんな風にプレゼントが届いていることがしばしば。この日のプレゼントは近所のニールとデニースから。ホームメイドのパンプキンのケーキとマリリンへの骨。デニースはマリリンのお気に入り。ニールとデニースは去年長年飼っていたジャーマンシェパードのコズモを亡くして以来、それまで以上にマリリンを可愛がってくれてます。

日本の友人から突然届いたギフト。ここ数年日本で評判の今治タオル。肌触りなんかの微妙な具合はやっぱり日本人ならではのもの、アメリカでは手に入らない繊細さ。毎日の生活に質の良いものを使うのは本当の贅沢。どうもありがとうね。大切に使わせてもらいます。

クリスマスの数日前に実家からお正月パッケージも届いて年末の雰囲気が高まるばかり。おかげでお正月にはまた数の子が頂けます。わたし的にはお雑煮と数の子さえあればお正月満足度はかなり高いのだけど、お正月は本格的に日本料理を楽しむ絶好のチャンスなのでついつい色々作ってしまいます。最近買い物に行ったら殻付きの銀杏や春菊も見つけました。冷凍物だけど、たけのこも手に入ったし、お煮しめ作るのが楽しみ〜。昨日はお出汁を作り干し椎茸をもどし、今日は数の子の塩抜きを始め、少しづつお正月の準備を進めてます。大晦日は休みを取ってるからおせちの準備をする時間はたっぷり。明日は家で仕事するかどうか検討中。

仕事納めなんてものはなくてみんな31日まで普通にお仕事。当然仕事初めもない、日本と違ってけじめのない文化らしい。大晦日は2時、3時と早めに閉めるところもあるのだけど、企業によりけりといったところ。アメリカでは新年よりも大晦日を祝うって感じ。大晦日の夜にパーティーを始め新年になる深夜まで騒ぐって感じ。元旦は祭日だけど、二日からまた通常営業。クリスマスの翌日もそう。だからみんな個々に祭日の前後に休暇をとるのが習慣。所変われば…です。

みなさんも良いお年をお迎えくださいね。来年も良い年になりますように。

Wednesday, December 3, 2014

Gift from the Nature

For last couple of years, I made some wreaths for each season. I started with a plain grape vine frame, added some seasonal objects either natural or artificial, then put a bow if I wanted... This fall, I wanted to go more rustic, and thought of pinecones.

Once pine needles start covering the yard, pinecones also start falling. We take bags and bags of pine cones for yard waste every year. I was supposed to easily get enough material in the yard even I get very picky. This year, the pine trees are taking a break. I barely fill up one grocery store bag in two weeks. I started collecting them in September. They are still not enough for one small wreath. "Houston, we have a problem."

The help was actually much closer than Houston. Back in September, Deb, my horse back riding teacher, asked me what I would do in the weekend. We chat all sort of things during the lesson. I said that I would go to a park to pick up some pinecone to make a wreath. She kindly offered I could pick ones in her property. After the lesson, she walked around and picked pinecones with me. She also gave me ones she picked last year. They were more than enough for one wreath.

My first pinecone wreath went to Deb. She put it on the entrance door in the porch right away. I made two more for her. One of them is for a raffle to raise money for her farm.


White Pine Pinecones

White pine pinecones tend to be covered with pitch. It can be taken care of by heat. But, I still recommend to wear Latex gloves from start to finish. Also, don't forget to cover the area you work.

These are before the bake. Some white spots of pitch are shown at the tips.

After the 20 minutes bake in 300 degrees, pitch is crystallized. It gives pinecones a shine, but no more sticky. The heat also kills all unwelcome things living in them.

I think 300 degrees is the highest you can bake them safely. I remember somebody I know baked them with 350 degrees. The pitch turned to smoke irritating eyes, the house got smokey, and the smoke detector went off... To be worse, she started baking them during the party she was hosting. It was not pretty.

Once they get cooled down, I give them a bath. This process get rid of dust and etc. Then, they are ready. Stick wet pinecones to the wire frame. You don't need wire or thread.

Fill all space. It's pretty simple. Then, let them dry for a week. The pinecones start opening as they get dry.

Once they are completely dry, it's time to hang it. This is for indoor since they hook themselves to the wireframe. Once they get soaking wet, they close themselves, lose their hooks, then start falling apart. Deb's entrance door is under the covered porch. Her wreath won't get wet.

If you'd like to give it a try, Bernice Rocque gives you detailed instructions: How to make a beautiful PINE CONE WREATH – without gluing or wiring!

Red Pine Pinecones

For a red pine pinecone wreath, you need various sizes of pinecones. I went to the park a couple of times and got some small ones. Also, some of them are prickly. They poke your fingers. Be careful.

I also baked some of them to kill whatever lives in them. It seems they just dry out and get brittle. I don't recommend to bake them.

You need wire to hold them on a frame. Fill the outside and inside rims first, then fill the space in the middle. That's why you need various sizes.

As long as both rims come out nicely, it's 95% success. The middle ones can face anywhere. If they point different directions, that creates the movement and adds some interests. You want to avoid bunch of them don't face the same direction in one area.

I saw some colored ones, but I like as they are. They have so many shades of brown. For the Holidays, I would mix with some gold and silver painted ones. They would bring the Holiday cheers.

This one can go either outside or inside. This takes much longer than the other one. A needle nose pliers come handy for this project.

This is for Val's late birthday gift.


Catching Up the Production

My plan is to list a couple on my Etsy store. Unfortunately, white pinecones ran out. Tim also offered ones in his property, but I need to wait till next spring. Yup, they are covered in snow now. I should have enough red pinecones to make a couple. Once they are ready, most likely after Christmas, they will be listed on the store. This is going to be a good project to keep me away from cabin fever for a while.

Friday, November 28, 2014

Hello, Christmas!

It started a little before Halloween. I stopped by Marshalls. The store was already filled with Christmas stuff. "Just looking..." doesn't work as always. I picked up a couple of glass Christmas trees and two wooden reindeer. I love Christmas decoration. It was a little bit early, but I gave myself a blessing to start putting up Christmas decoration. We had the first snowfall at the beginning of November.

Since we had the same decoration for last couple years, I decided to try something a little different this year. It started with painting.

I got a great assistant...? Well, no surprise here. Let's leave the grandma alone:-)

The first base coat is done. The great thing about acrylic paint is it dries quickly. Plus, this medium is so forgiving.

Once the second coat is done, my helping hand woke up. "Oh, are you done? Ok, let me put my signature on it." I got one paw print on one canvas and one purple paw dog. None of them works for me.

After a little damage control, I got two shimmering reindeer.

Marilyn tried out her Christmas attire. She is not quite sure yet.

Apparently, this year's theme is deer. I don't know why, but it doesn't seem that I can get enough of it. It's getting crazy... yes, I admit. I just love that graceful animal.

These are found at a craft store. It seems they can be used for our Holiday Cookie open house. I sprayed chalk paint. Our guests can write their names on and put them next to their cookie trays.


For Give Away...

Cookie tins to send out. They need to be picked up before Thanksgiving otherwise it would be very hard to find right sizes. Always, small ones are gone first. It seems everybody got the same idea. I used to go to a couple of stores to find "acceptably" good looking ones without getting into so much "grandma's favorite" looking. You see one granny one. It's ok because it goes to a granny.

I can use paper containers for neighbors and friends who live near by, but ones to ship out have to be tins to keep moist away from cookies.

These are all from a dollar store. Surprisingly, they are not so awful. It was nice and easy shopping. I like that.

The trays are just right size to bring cookies to work for a holiday party. The ones I used for a last couple of years are too big. It's not easy to carry around if you don't drive into your work.

The first batch of my pear jam got a pretty good feedback. Everybody liked its not-so-sweet delicate flavor. I decided to make some more for give-away for Christmas. The pectin is naturally made at a farm in Pennsylvania.

One weekend in November was spent for jam making. I like this half transparent light yellow color. It's like a warm sunny spot in winter.


Chad told me he already found Christmas stations the day before Thanksgiving. I turned on the candle lights at the windows and put a garland on the railing of the stairs yesterday. We had snow last two days. Now the yard is covered with snow. In two weeks, we have the town's Christmas tree lighting ceremony. I'll start baking cookies soon. The best part of Christmas is before the Christmas day. I just love this time of a year around.

Thursday, November 27, 2014

感謝祭ー食べて、飲んで、また食べて…

今日11月の第4木曜日は感謝祭。先週末からスーパーは感謝祭の買い物をする人でごった返し。料理する人もしない人もカートから溢れそうなほどの買い物をします。スーパーではおせち料理みたいに料理の全てをパックにして売っているので、料理をしない人もちゃんと伝統的な感謝祭のご馳走が食べられる仕組み。

我が家は例年通りお隣のシャーリーのお宅に招待されてるのでいつも通りの一週間分の買い物だけで済ませればいいから楽ちん。だけどこの週はなんでもすぐに売り切れてしまうから週の早めの買い物がオススメ。

感謝祭ってアメリカの植民してきた人たちが慣れない土地と気候のなかで四苦八苦しているところを助けられたお礼にインディアンにご馳走したことに起を発してるのだけど今では全然その欠片も見えないのが残念。たまにアメリカ人から「日本ではどんな風に感謝祭を祝うの?」などと戯けた質問をされて返答に困ったりします。学校で何習ったんだか…。

それはさておき、典型的な感謝祭のメニューはこんな感じ、

  • 七面鳥のロースト
  • 詰め物
  • グレービーソース
  • クランベリーソース
  • マッシュドポテト
  • インゲン豆のキャセロール
  • グレイズド キャロット
  • ディナーロール
  • ヤム(オレンジ色のサツマイモのような甘いお芋をマッシュしてオーブンで焼いたもの)
  • パンプキンパイ
  • アップルパイ
  • クリームパイ
  • ピーカンパイ

お腹に溜まるものをたくさん食べたあと、ありとあらゆるデザートを食べるのも習慣。上には載せてないけど、アイスクリームも必須アイテム。ディナーは午後1時半から3時くらいの間に始まって、デザートの後はリビングルームに移動してテレビを見たり、おしゃべりしながら、さらに残り物をつまんで一日中食べ続けるって感じ。


七面鳥

七面鳥はこんな感じで売られてます。冷凍モノなので早めに買って解凍してからでないとオーブンに入れられません。この観点から水曜日の夕方に七面鳥を買ったら木曜日の感謝祭には間に合わないよね。こんなに大きかったら下味つけるのにどのくらいかかるんだろうって思うでしょ。アメリカ人って味をなじませるとかって感覚がないようで、塩コショウしてすぐにオーブンに放り込むって感じです。経験からいうと、どこでご馳走になった七面鳥も肉以外の味なんてなくてグレービーやソースと一緒にいただくというのが普通みたい。

サイズがサイズなので調理するにも時間がかかります。ローストするだけで最低2時間半から3時間といったところ。感謝祭の日、主婦は朝早くから起きてキッチンに立ちます。

ギリギリまで買い物しない手順の悪い人たちのために…ってわけじゃないけど、ハムも売られてます。こちらは冷凍物ではないのでそのままオーブンに入れて大丈夫。

日本で見るハムよりずっと大きいでしょ。丸のままの鶏より大きいです。七面鳥よりおいしいけど、あまりたくさんは食べられるよなものではないかなぁ。大家族の家庭では七面鳥とハムの両方がテーブルに並ぶことも珍しくありません。


詰め物

詰め物って何だろうって思うよね。材料は地方や家庭によって違うのだけど、だいたいこんなもの、

  • 玉ねぎ
  • りんご
  • セロリ
  • パン
  • チキンスープ
  • バター
  • パセリ
  • セージ
  • マジョラム
  • タイム
  • コショウ

大きめに刻んで混ぜて七面鳥のお腹に詰めます。ローストしているうちにお肉から出た汁が染み込んで美味しくなるという仕組みらしい。だけど、グレービーをたっぷりかけていただくので本当にそんな風に美味しくなっているのかどうか未だに不明。


グレービーソース

基本的に七面鳥とこれがあれば感謝祭とクリスマスの料理の90%はカバー、ってくらいアメリカ人の好きなのがグレービー。トロミのあるソースはマッシュルームが入っていることもしばしば。これも家庭によってそれぞれのレシピがある様子。チャドは七面鳥が溺れるくらいにグレービーをかけて食べるのが好き。

瓶詰めやお湯で溶かすだけのパケットになったグレービーが売られてるから手の抜き方も様々。


クランベリーソース

毎年生のクランベリーが出回り始めると感謝祭が近くなった証拠。生のクランベリーはとても渋くて酸っぱくて、そのままではとても食べられないからたくさんお砂糖を入れて煮ます。これもゼリー状の缶詰のものが売られてるので缶詰で代用する人も。缶詰の方が好きって人もいます。


マッシュドポテト

ダグと私は断然アイダホポテト(男爵)派なのだけど、ダグの奥さんのエレンはメークイン派。当然彼らの家ではマッシュドポテトもメークインなのだそう。ダグは不満気味。

マッシュドポテトもいろいろなレシピがあって、マヨネーズや生クリームを加えたりしてコッテリさせたものがアメリカ人好みらしい。もちろん加える量はたっぷり!それにベーコンの刻んだものを加えたりする人も。そうそうバターもたくさん入ってるよね。

そんな手間をかけたくなければ、お湯を注ぐだけの乾燥もののポテトや即食べられるパック詰のものがスーパーに並んでいます。

マッシュドポテトに使われるのかどうかわからないけど、ジャガイモの缶詰見つけました。いったい何に使われるのだろう?


インゲン豆のキャセロール

キャンベルのマッシュルームスープに牛乳を加えたものをさっと茹でたインゲン豆に混ぜてオーブンで焼くっていうのがソースを作る手間を省いた手抜きな作り方の一つ。これが結構おいしく出来るからびっくり。インゲン豆は好きでなかったのだけど、このキャセロールのおかげで食べられるようになりました。

当然ながらインゲン豆の缶詰があります。義理の母がよく使うのだけど、煮過ぎで食感が悪いのと不気味な緑色なので私は敬遠。多分ビタミンは全部破壊されてるのだろうけど冷凍物の方が缶詰より体に良さそう。


グレイズド キャロット

人参の甘露煮。母がよくお弁当に詰めてくれていたのを思い出します。箸休めって感じかな。数少ない野菜料理のひとつ。

形が似てるけど、缶詰の人参で作られてないことを祈るばかり。


ディナーロール

ホームメイドのロールを作る人もいれば、ベーカリーで調達する人、冷凍物のオーブンで焼くだけのものを使う人などそれぞれ。


七面鳥やハムはもちろん、キャセロールにパイとオーブンを使う料理がほとんどだから手際よく順序を考えながら料理しないといけないからけっこう大変。


ヤム

一見サツマイモみたいだけど、中はずっと鮮やかなオレンジ色。サツマイモや紫芋の仲間らしい。スイートポテトみたいに調理。クルミやピーカン、マシュマロをトッピングして焼きます。そう、マシュマロ。マシュマロって焼くと弾力がなくなって外側はカリッと中はふんわり。とても簡単にできるのでお料理ビギナーや得意でない人が家族の中でヤム係に任命されることしばしば。


デザートいろいろ

クリームパイ、チーズケーキ、チョコレートケーキ、ボストンクリームパイ(地元だからね)、そしてパンプキンパイ、スーパーのベーカリーにはいろんなデザートが所狭しと並ぶのだけど、これがまたあっという間のなくなるからびっくり。

この日も買い物してる間にラックにいっぱいのパンプキンパイが出てきました。裏ではもっとパンプキンパイを作っている様子。まるで日本のクリスマスケーキを思い起こさせます。

デザートが1種類なんて考えられない人たちなので、ディナーの後テーブルを一旦片付けてから少なくとも3種類のパイとアイスクリームとコーヒーが用意されます。子供からお年寄りまでコッテリした甘いものの大好きな人たちなのでデザートは七面鳥と同じくらいに楽しみにしています。


満腹のお腹を抱えながらフットボールを見るのが典型的なアメリカ人の感謝祭の過ごし方。そうして飲んで食べてを繰り返しながら一日が過ぎていくのです。